Entries

文房具との出会い

カテゴリ : ブログ
文房具について
学生時代、それぞれの時代に使った、お気に入りの文房具というものが誰にでもあるだろう

絵の具のセルリアンブルー
鉛筆削り
A4ハードケース(薄いカード状のもの)
サイドノック式シャープペンシル
ノック式消しゴム
まとまるくん
消しゴムを包んでいる紙のケース
PICOのクレヨンと小さなクレヨン削り
A4のプラスチックケース
ルーズリーフ
筆箱、黒く尖った長方形の筆箱、角の丸いドラゴンボールのカンペン、青白い布製の筆箱、黒い革と布の筆箱

時系列でまとめるか

幼稚園の頃よく使っていたのが、PICOのクレヨンと小さなクレヨン削り
自分専用の画用紙があってさ、それに迷路やら何やらを描いていた気がする
クレヨンを削ると柔らかくて削りやすい、少し気持ちよくなる

小学生低学年の頃は黒く尖った長方形の筆箱を使っていたな
小学校に入るときにまとめて一式揃える系の文房具ね
小学校でよく絵を描く授業が多くて、そのときお気に入りだった絵の具の色はセルリアンブルー
これだけ真っ先に無くなってた、普通の青も減るのが早かった、最後に残るのが暗い色の群青とか濃い茶色だ
消しゴムはよくわからない家にあったものを使ってたけど、あんまり綺麗に消えなかったな硬いし

小学生高学年の頃は角の丸いドラゴンボールのカンペンを使ってた
消しゴムも周りでは、まとまるくんとかが流行ってたけど、俺はまたよくわからない貰い物を使ってた
消しゴムを包んでいる紙のケースは消しゴムが減ってきて余ると内側に曲げて使ってた、切ったりはしない
この頃の鉛筆削りは手動でハンドルを回す形式で、硬い鉛筆などは削るのに苦労してたな

中学生の頃も最初はカンペン使ってたけどその次に青白い布製の筆箱を使っていたような気がする
すぐに穴が開いたので、そのあと黒革と布を合わせてできた筆箱を使ってた、これは今でも使ってる
鉛筆削りが自動になって衝撃的だった、早いし力いらないし楽ちんだ
中学2年生から3年生の間に私の文房具趣味は完成してくる
3種の神器はサイドノック式シャープペンシル、ノック式消しゴム、A4ハードケース(薄いカード状のもの)だ
シャープペンシルを普通に握ったままで芯を出すことができるサイドノック式に出会ったときはテンションあがった
そのあと消しゴムもノック式があることがわかって愛用するようになる
A4ハードケースは中に座席表とか入れて使う物なんだけど、私はそれを下敷きにして使っていた
よくパキパキ音がして割れてしまうのだけど、そこはセロテープで補強すればOK
A4ソフトケースもあるのだけど柔らかすぎて下敷きには向かない
中にある情報と実用性を兼ね備えるのがポイントだ

高校生の頃は中学生の頃の文房具とあまり変わらない
サイドノック式シャーペンのより使いやすいものを探したりはした
Pianissimoとかいうシャーペンに行き着いた、青く透き通る綺麗さとノック部の相性がポイントだ

大学生の頃は数点新しいものが加わる
様々な講義があるため、ノートではなくルーズリーフを多用した
そしてそれを収めるケースとしてA4の透明プラスチックケースを使った
普通に入れるだけだとバラバラになってしまうので何か目印をしたり紙で仕切ったりしていたはず

ここまでカバンについて話をしていないことに気づいたが、まぁいいだろう
今回はこの辺で終了で
久しぶりに長く書いたなぁ
関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://firstblue.blog48.fc2.com/tb.php/358-fe25274d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

firstblue

Author:firstblue
上のイラストは当サイトのマスコットキャラクター”シィたん”です。水のような体を持つ未知なる存在。

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログランキング

このブログが気に入った方は下のバナーをクリックして投票をお願いします。

FC2 Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

ブログパーツ


潮吹きクジラ

ブログ内検索

モブログ(携帯用ブログサイト)

このサイトの携帯版ページへ

管理者ページ 携帯版

Powered by FC2ブログ.