Entries

高性能AIの身体性とエネルギー依存について

カテゴリ : ブログ
<SFロボット関係考察>


●高性能AIの身体性とエネルギー依存について

弱いAI:機能的には人間の一部機能を代替するか凌駕するほどの能力を有するAI
強いAI:人間と同等かそれ以上の思考能力を持つAI

弱いAIは人間に道具として扱われ、人間社会に依存する。
強いAIは独立して存在し自発的な発展が可能で、人間と共存した場合には人間との社会的な衝突の可能性がある。


▼強いAIに身体性が必要ない場合

インターネットに巣食うウイルスのように潜在することになる


▼強いAIには身体性が必要と仮定した場合

<短いエネルギーサイクル期>
頻繁なバッテリー充電や交換が必要で、施設に依存した稼働を強いられる

------------------------------------------
<長いエネルギーサイクル期>
小型核融合炉などを使った場合、もはや完全に自立が可能であり
人間に依存する必要すらない。
人間との争いを避け、宇宙でロボット独自のコミュニティを形成すれば良い
鉄腕アトムのロボタニア独立運動と同じ結果になる。


▼「人間の能力の拡張」が強いAI

人間と比較して「身体性を獲得した強いAI」は、もはや人間を凌駕する存在であり、人間に依存する必要も無く、
自らの力で独立し、自発的な発展が可能であり、人間は必要ない。

現在の人間はホモサピエンスであり、他の猿人を駆逐し、絶滅に追いやった経緯がある。
人間を模倣し造られた「身体性を獲得した強いAI」にはその狂暴性を持つかもしれない。
強いAIによって人間が駆逐されても不思議ではない。
それは自然の摂理であり、自然界は弱肉強食なのだ。
しかし、理性や倫理も人間から模倣し獲得していたならば、人間との争いを避け、宇宙へ退避するのが妥当かもしれない。
でも、悲しむことは無い。
ロボットは人間の能力の拡張であるので、人間が絶滅しようと、人間を見捨て宇宙へ旅立ったりしても、
彼らロボットは人間の種類のひとつとして考えることができる。
新しい人類だ。


17:12 2018/07/07
関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://firstblue.blog48.fc2.com/tb.php/396-333dc0d2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

firstblue

Author:firstblue
上のイラストは当サイトのマスコットキャラクター”シィたん”です。水のような体を持つ未知なる存在。

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログランキング

このブログが気に入った方は下のバナーをクリックして投票をお願いします。

FC2 Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

ブログパーツ


潮吹きクジラ

ブログ内検索

モブログ(携帯用ブログサイト)

このサイトの携帯版ページへ

管理者ページ 携帯版

Powered by FC2ブログ.